わきがの口コミ

■わきがと口コミ わきがは体質的なものなので、自力で完治できます!というものではありません。 となると、やはり病院にかかって治療してもらったりするしかないですよね。 そういった場合にやはり気になるのが「どの病院にかかればいいの?」という口コミ情報です。 どうせなら痛みがない処理の上手な先生で、来院もできるだけ少なく済んで、しかも保険適用ができて...なんてちょっと都合がいいかもしれませんが、できる...詳しくはコチラ

わきが チェック

■わきがのチェック方法 自分は気がつかなくても、周りは気がつくのが「臭い」ですよね。 自分にぴったりの香水に気付いてもらうのは嬉しいですけど、わきがに気付かれて悲しそうな顔をされるのはやるせない...という方もいるのではないでしょうか。 逆に本当は臭いもないのに、自分は臭いと思い込むなど深く悩みを抱えてしまう方もいます。 そういった方は、まずセルフチェックを始めてみるといいと思います。 最近は様々...詳しくはコチラ

わきがの保険について

■わきがと保険 わきがの治療がなぜ保険対応になるのか?というと、そういったケースの場合、わきがは腋臭症(えきしゅうしょう)」という、アポクリン腺から分泌される汗が原因となる病気としてみなされるからというのが原因として挙げられます。 わきが自体は「体質」の問題なのですが、これを治療することで、集団生活の中でまわりの視線などを気にせずに暮らせるなど健康な精神状態を保つことができるということで病気として...詳しくはコチラ

わきがの芸能人

■わきがと芸能人 インターネットを見ていると、掲示板で「わきがっぽい芸能人」というネット投票を行っているサイトや、2ちゃんねるなどの巨大掲示板サイトなどで「この芸能人はわきが臭い」というスレッドが立っていたりします。 その中でも非常にたくさんの意見を集めているのは木村拓哉さんや倖田來未さんなど、何となく押しの強い「肉食系」のようなイメージを持たれている方、というのが非常に特徴的な気がします。 もち...詳しくはコチラ

わきがクリームについて

■わきが用クリームを使うときの注意 最近はわきがのにおいと汗対策にクリームを使用するという方も増えていますね。 スプレーよりも持ち歩きが楽ちんですし、トイレでちょっと塗って使うという女性の方が多いようです。 ただし、これを使用する時は「薄くのばして使う」というのがセオリー。 「たくさん塗れば効きそう」と思うかもしれませんが、最近は少量で効くものが増えていますし、塗りすぎてわき毛に絡んだりほこりが付...詳しくはコチラ

わきが対策について

■ワンピースなどのわきが対策 女性ならば一年中悩みの種になるのがわきがと服の汗じみ。黒い服ならそう気になりませんが、夏用の白いワンピースに汗で黄ばみを作るのは嫌だし、冬にニットなどは汗で縮んできてしまい、なんだか着にくい...ということもあるのではないでしょうか(お気に入りの服であるほど、なんだか精神的に痛いですよね)。 だからといって服を全部黒いものにするわけにもいきませんよね。 そういった方に...詳しくはコチラ

わきがの手術

■わきがの手術は何科か 最近は保険を適用してのわきがの治療や手術を行う個人病院も出てきましたが、実際に掛かるのは「皮膚科」「形成外科」になります。 (美容的なものを求めるならば、皮膚科よりも形成外科の方がしこりや腫れの傷跡も極力小さくするように手術をしてくれる、と昔先生から聞いたことがあります) もちろんエステでの永久脱毛などをうまく利用してわきがの処理をすることもできますが、エステの場合はアフタ...詳しくはコチラ

わきがの原因

■わきがの原因とは わきがの原因は「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺から出る分泌物といわれています(毛根がどうこう、という話ではないんですね)。 このアポクリン腺は日本では「大汗腺」と呼ばれ性器の周りや肛門、乳首や耳の周りなどに集中しているのですが、特に多いのがわきの下です。 そのため、臭いの中でも特にわきを原因にした臭いをわきが、と呼ぶようになったと言われているのです。 もちろん、アポクリン腺から出...詳しくはコチラ

わきがの治療

■わきがの治療とは わきがの治療は、病院の内科や形成外科、そして美容外科などで行っています。 基本的には他の病気のように何回も通うというものではなく、問診(処理方法決定)→手術→痛みや炎症はあるかどうかの経過観察の3ステップを踏むところがほとんどです。 病院によっては手術室があいていれば初診でいきなり問診したその日に治療をできることもあります。 その後の通院も1週間後の抜糸と炎症などの経過観察でO...詳しくはコチラ

▲わきが関連情報トップに戻る