ブーツの臭い

■ブーツの臭いの原因

ブーツといえば、秋?冬に履くものと相場が決まっています。夏に比べて汗もかきにくい時期なのに、なぜブーツは一歩間違うとあんなに臭いを発するのでしょうか。それは、この靴は「寒い季節に履く」ということも関係しているのでは、と考えられます。

というのは、まずブーツは寒い風が入ってこないように、しっかりとした分厚い素材で作られるために通気性が犠牲になることが多いからです。それに、最近女性や子供用のものでで流行っているモコッとしたシルエットのものの場合は分厚い靴下をはく人も多いので、さらに通気性は悪くなります。そのため、足の裏から出る汗(子供の足の裏って地味に汗かきなんですよね)で蒸れてしまい、その蒸れが雑菌を繁殖させてあの臭いを作ってしまうんです。

また「まあ、夏じゃないし」とお手入れを怠って適当に放置してしまう人も多いのがブーツです(通販などの安い物はその傾向高し)。蒸れた状態で放っておくとカビが生えてしまいますので、きちんとお手入れすることも大事ですよ!


■ブーツのクリーニング

ブーツの臭いを取りたいけど、自力ではどうにもならない...という方は、クリーニングサービスを利用するのもいいかもしれませんね。クリーニングを行ってくれる業者さんの中には追加料金を払うことで臭い消しのサービスを行ってくれるところもあるそうですよ。

そういったサービスを行う業者さんの一つである「協和クリーニング」さんでは通常コースでも臭い消しをお願いできますが、ブランドものの立派なものなどの臭い消しをお願いする場合、「デラックスコース(7,140?9,345円、ブーツの長さで値段が変わります)」を頼むといいでしょう。

シーズンオフになってもうしばらく履かない...という靴をクリーニングしておくと、来シーズンも安心してお気に入りの靴を履けますよ!


■アウトドアブーツの臭い

登山やブーツに使うアウトドアシューズやブーツも、気が付けば臭いにおいを発していたりしますよね。これは、靴に土やホコリがつくことで雑菌が付きやすく、また繁殖しやすくなることが原因になっているかと思います。

通販などで安く買って、一回こっきりの履きつぶしのものならまだしも、この先ヘビーユースしようと思って買った靴があっという間に臭いにおいを放ったら泣くに泣けませんよね。

そういう方は、靴屋さんのブログなどでもお手入れ方法を説明しているところがありますので、そういうブログを見てみてはいかがでしょうか。修理はプロに頼まなければ失敗しやすいですが、ちょっとした臭い取りやお手入れならば自分でもできますので、まずはそういった、修理を行っている靴屋さんのホームページを探してみてくださいね。

ブーツの臭いの関連記事

▲ブーツの臭いトップに戻る