わきが チェック

■わきがのチェック方法

自分は気がつかなくても、周りは気がつくのが「臭い」ですよね。
自分にぴったりの香水に気付いてもらうのは嬉しいですけど、わきがに気付かれて悲しそうな顔をされるのはやるせない...という方もいるのではないでしょうか。

逆に本当は臭いもないのに、自分は臭いと思い込むなど深く悩みを抱えてしまう方もいます。
そういった方は、まずセルフチェックを始めてみるといいと思います。

最近は様々な病院でもチェック用の簡単なページを用意してくれているのでそれを利用してもいいでしょう(細かくチェックできるという店では「恵比寿ガーデンクリニック」が見やすくていいと思います)。
ただしこういったチェックでは「体質の可能性がある・ない」しか判断できないので、やはり正式な判断は皮膚科や美容外科の専門医に任せることが賢明です。


■わきが体質のチェックポイント

どのようなウェブサイトでもよく言われているのがわきが体質の人かどうかは、かゆみがあるか、などではなく「耳垢」「服のワキ」をチェックする、ということです。
それはなぜかというと、わきが体質の人にはこれらの二つには大きな特徴があるのだそうです。

まず耳垢ですが、わきがの方はこの耳垢が「非常に湿っている」状態なのだそうです。
耳掃除をしてちょっと耳垢が湿っているな、という方は日頃清潔にしていれば問題はないのですが、粘ついた耳垢が出てきたらそれはわきが体質なので、処理や治療を始めたほうがいいとのこと。

また「服のワキ」については白系のシャツをチェックして黄ばみががっつり付いていたら要注意です。
服をきれいに洗っていて、シャワーしていてもやっぱり付いてしまう...という方は、ワキのアポクリン腺が活発に働いている証拠です。
黄ばみ以外にも黒ずみが付く、という場合はかなり重い症状だとも言われています(黒ずみ=毛の色素ではなくてアポクリン腺様の粒だそうです)。
この二つは日常でもふとチェックしてしまいますよね。悩みの元になっている...という方は、治療を受けることをオススメします。


■わきがと肉食系男子・女子

肉食・草食系○○という言葉が最近よく使われますが、肉食系の人はわきが体質の方が多いといわれています。
これは、肉や乳製品がわきがの元になるアポクリン腺(わきの毛穴のすぐ近くにあります)から出てくる汗の分泌を促進するから、といわれています。
これを改善するには、やはり食生活のチェックが一番。肉が好きでもちょっと我慢して魚や野菜中心の「草食系」にシフトすることで、症状が軽い人の場合は処理をしなくてもにおいやかゆみなど、状況が改善されることがあるんですよ。

わきが チェックの関連記事

▲わきが チェックトップに戻る