口臭対策

■口臭の対策

口臭の対策で、一番手軽にできて健康にもいいのが「歯磨き」です。
口臭の原因が歯茎(歯槽膿漏)にある場合は、食後丁寧に歯茎や歯石・歯垢をきれいに掃除するだけでもかなり症状がよくなったりするんですよ。
うまく歯磨きができているかよくわからない...という場合は、歯科医院に電話で予約を入れる際や、治療の時に相談をしてみるといいと思います。

あまり使っている方はいないかもしれませんが、こういったデンタルケアの対策で使うと便利なのが薬用のデンタルリンス(ドラッグストアでの価格は大体600?800円程度)。
歯茎が痛みやすい方などは歯磨き後にこれを口に含んで20?30秒のうがいをするだけでもかなり寝起きの歯垢の付き方が違います(口の中のネバネバ対策にも最適です)。
寝起きの口臭でお悩みの方は、対策として試しに取り入れてみてはどうでしょうか?


楽天で調べる場合はこちら⇒『デンタルリンス


■にんにく口臭の対策

お仕事をしている女性(男性も、ですね!)は昼食で無意識に避けてしまうのが、にんにくたっぷりの食事。
にんにくやニラのたっぷり入った餃子やラーメンは気合も入るしとっても美味しいけど、いかに対策をしても口臭で「あ、この人昼にんにく料理食べたな」とばれてしまうんですよね。
お客への応対が多い女性ならば、食べたいけど午後の仕事のためにぐっと我慢...!という方は多いのではないでしょうか?

そういった口臭の対策為に、そういった料理を全く食べないようにしたり、ちょっと食べてしまった場合はBREOやブレケアなどの対策グッズを使うのもいいですが、食後すぐ(これがポイント)にたっぷりの牛乳を入れたミルクティーなどを飲んだりするのも効果があるそうです。

というのも、牛乳に含まれる「カゼイン」というたんぱく質が、にんにくやニラといったきついにおい(「アリシン」という成分なのだそうです)のある食材に対して消臭対策の効果があるのだそうですよ。


■子供の口臭

子供は顔が大きいとか、口が臭いなど目立った特徴がある子をからかったりしますよね。
そういったことで自分の子がいじめられたらどうしよう...と心配なお母さんも多いのではないでしょうか。
顔が大きいなど、身体的な特徴でいじられるのはもう開き直るしかないですが、口臭ならば日頃のケアや病院での治療などの対策をすることでどうにかなるので、まだ救いがあるともいえると思いますよ。

子供の場合、まず口臭の大きな原因になる「歯磨き不足による歯周病」になっていないか、まずチェックすることが大切です。
子供は面倒くさがるでしょうが、一緒に歯医者に行って歯の磨き方を教えてもらうようにするといいですよ。
それでも口臭がおさまらない場合は、舌苔などの舌の病気や胃腸の機能不全などの可能性があるので、病院の小児科で早くチェックしてもらうことが大切です。

口臭対策の関連記事

▲口臭対策トップに戻る