足の臭いの対策

■足の臭い対策にイソジン

イソジンといえば、小さい頃から一家に一本あったうがい薬ですが、このイソジンは実は足の臭いの対策にもとても役立ちます。
というのも、イソジンはけっこう強力な殺菌作用があり(だから薄めて使うんですよ)、足の雑菌を使い方次第できれいに始末してくれるのです。

使い方としては、水でイソジンを薄めて足をつけておくだけです(足にシップするという方法は、家の周りや服がかなり汚れるのであまりオススメしません)。
同じ系統の「足の臭いの対策グッズ」には木酢液(足用の木酢液というものも販売されています)があります。
ヨード液もいい、という意見もウェブサイトでありますが、イソジンは「ポピヨンヨード」という成分で作られている薬品なので、基本的に作用のしかたは同じなんですよ。


■子供用パウダーで足の臭い対策

子供の頃あせも対策でパタパタされた方もいるであろう、ベビーパウダー(現在はぜんそくの元になるから、と小さなお子さんをお持ちのお母さん方の間では敬遠されているようですが)。
これも足の臭いの対策には役立ちます。
それは、足の臭いになる「足の湿気(この場合は汗)」をベビーパウダーが吸着してくれるからなんですよ。

この粉物系対策グッズでおなじみなのはシッカロールなのですが、これは完全な粉タイプなので持ち歩きには不便ですし、うっかりひっくり返した時は周りが粉まみれに地味にガックリします。
そういうのがイヤ!というかたはピジョンから出ているプレストタイプ(ファンデーションのように固まっていて、付属のパフでつけるタイプの物)を利用すると、出先でも簡単につけることができるのでいいと思いますよ。
こういったものを使う時はかえのパフをたくさん用意するか、まめに洗ってあげることで肌に触れるものを常に清潔に保っておくことが大切です。


■足の臭いとデオドラント

最近は足の臭い対策にわきなどに使用するデオドラント(消臭)スプレーなどを使用する方がいるようです。
この頃は銀イオン配合のスプレーも発売されていますし、においを消す効果も非常に高くなってきています。

注意しておきたいのが、足の臭いを消す対策でデオドラントグッズを使用する前は足をきれいにしておくことと、使用したあとは必ず足をきちんと乾かしてから靴下や靴を履くことを予防策として実践すること。
この予防をきちんとやっておかないと、きちんと足の臭いを消す効果が発揮されないどころか足に湿気がこもってしまい対策がきちんと発揮されず、逆効果になってしまいますよ!

足の臭いの対策の関連記事

▲足の臭いの対策トップに戻る